工事現場監督

統率力が求められる仕事

現場監督の仕事は工事開始前と開始後に分けることができます。開始前は各業者から見積を受け取り、お金の管理や工事の計画を立てます。この部分に関してはコミュニケーション能力が必要です。開始後は、現場が計画通りに進行しているかを確認することがメインの仕事になります。現場監督はお金の管理もするので工事現場の頂点に君臨している職業でもあります。現場監督の間には、「段取り8割、現場が2割」という格言があります。実は、現場の管理よりも、工事開始前の段取りのほうが重要なのです。