電気の検針員

体力と辛抱強さが必要な仕事

電気の検針員の仕事は、各家庭の電気メーターを調べ、電気使用量を電力会社に報告することです。一日にたくさんの家庭をまわるため、体力が必要になります。検針の一番大変なところは、日程が指定されており、変更が難しいこと。晴れの日は比較的スムーズに作業が進みますが、猛暑の日や大雨の日なども作業をするため、天候によってその日の仕事の疲労度も変わってきます。まれに、検針先の家庭にクレームをつけられることもあります。辛抱強さが必要な仕事と言えるでしょう。