弁護士

依頼人の利益を守る仕事

弁護士は、裁判業務の代理人を行います。裁判には、刑事裁判と民事裁判があります。最も大きな違いは原告です。刑事裁判では、起訴するのは検察官、つまり国家になります。一方で民事裁判は私人が原告として訴えます。刑事裁判でも民事裁判でも、可能な限り依頼人の利益になる判決を勝ち取ることが、弁護士の仕事です。弁護士になるためには、司法試験に合格する必要があります。司法試験は、現在最も難易度の高い国家試験の一つとなっています。