バイク関係者

さまざまな種類のバイクがある

バイクにまつわる仕事には、バイクを販売するバイクショップの店員、バイクの点検や整備をする二輪自動車整備士などがあります。バイクは排気量によって区分されています。251cc以上のものを小型二輪車、126cc以上のものを軽二輪と呼びます。中でも多くの人に利用されているのが50cc以下の原付第一種と呼ばれるもので、普通自動車免許を持っていれば運転が可能です。バイクの売り上げは右肩下がりとなっており、特に原付第一種はその傾向が顕著になっています。